【別荘購入まで】最終章、契約!引渡し!

【別荘購入まで】最終章、契約!引渡し!

2018年9月後半。

日曜日に契約を控えた我々は、ついに別荘購入の週末を迎えた。

あとは日曜朝10時に現金と印鑑だけを持って現地にいけばいい。
簡単な作業だ。
物件決める作業に比べたらはるかに。

スポンサーリンク

契約前トラブル!

金曜夜、仕事を終え、妻子と3人で妻の誕生日ディナー。
誕生日プレゼントは別荘だわなんていいながら酒も進み、夜も更ける。

あれ、、、、?

金、おろしてない!!!

そんなもん、当日おろせばいいと思ってた!
そんな大金下ろしたことねえ!

調べてみた。

1日50万まで。なんとか認証のカードなら100万。

必要な金額は311万。

なんとかカードだったとしても酔った身体を奮い立たせて駅まで走り、金夜・土・日朝で降ろさなきゃいかん!
え、そもそも土日銀行やってんだっけ?特に日朝。

妻に頼むしかない。

パギャル『カクカクシカジカ。俺の口座だけだときついかもしんないから、君の口座からもおろさせてくれないか。月曜すぐ返す!』
妻『いや、そもそも50万とかねーわ』

家計の”貯金部門”を一任していた妻の口座の貯金額に一瞬おどろきながら、

スーモ妻に頼むしかない。

パギャル『カクカクシカジカ。いやマジすまん、君の妻に頼めないかな?』
スーモ『無理っすね〜買うのやめるか。』

他人事wwwww

とりあえず金夜のみずほ銀行に走った俺は、100万おろすことに成功した( ͡° ͜ʖ ͡°)

うおおおおおおおおおお

こうして、誰の協力も得ることができずに、3日間に分けて、
当日の朝、伊豆のコンビニで全額現金で手にすることとなった( ͡° ͜ʖ ͡°)

スーモと合流。

初めて見る300万。当然こうなる。

サツタババヌキ!!!

ポケットマネー!!!

ひとときの札束との戯れでありました。

印鑑を忘れるパギャル

私は自分で言うのもなんだが、わりとしっかりしている。
計画的に色々動けるタイプの常識人だ( ͡° ͜ʖ ͡°)

その私が、現金をおろすことだけでなく、印鑑まで忘れるとは、、、、

東名高速に乗ってしばらくして印鑑がないことに気付いて自分に引いた私。
実印も銀行印ももはや不可能。
契約書に印だけ押してとりあえず契約だけ成立させてあとから要求されたらちゃんとした印鑑提出する作戦するしかない!

しかし、日曜の朝8時。

三文判売ってるとこすらない。

私は、伊東のメガドンキに全てを賭けた。

パギャル『印鑑あります?』
店員『印鑑は置いてないですね〜』
パギャル『え、つかこれなんすか?』
店員『これは印鑑を作る機械です』

、、、、、、、、、あるやん。

最悪の状態は脱出!
あえて本名フルネームとかゆークソダサい印鑑を作成して、いざ、契約!!

契約!!

ワシントン帰りのスーモ

ワシントンから帰国してちょっと寝てすぐ伊豆まで来るというハードスケのスーモ。

『もういいよ。印鑑だけ置いて帰ろ。』

当日にしてモチベーションの低さが鬼。

とにかくすぐに帰りたいらしい。

『重要事項説明とかパギャル聞いといてよ。俺いらないっしょ。』
『ガスの開栓立会い?いる?車で寝てていい?』

さすが末っ子だ( ͡° ͜ʖ ͡°)

一番の後悔をエグられる

契約は全員立会い。
海外にいるタイタイのみ司法書士が代理する。

我々が事務所に到着して、しばらく、現金並べたりして遊んでいると、オーナー初登場。
恰幅のいい、見るからに優しそうなオーナーだ( ͡° ͜ʖ ͡°)

最初のひとこと。

『いやー意外と早く契約になったね!』

おいおいと。

カズヒサと。

もっと値切れたんちゃうんかと。

もっと値引き交渉すべきだったという今回唯一の後悔をエグられる。
我々のピクつきに気付いたカズヒサがその場を華麗に流す。

カズヒサ『台風大丈夫そうっすね〜!』

ずるい。カズヒサずるい。

契約!

カズヒサ『とりあえず現金いいっすか?』

おいカズヒサ笑
最後にしようよ金は!名残惜しいよ!!

ここからが鬼長かった。

重要事項説明というより、設備状況説明といいますか。
どの設備がまだ使えて、どの設備が厳しいか。

話を聞いてるうちに違和感が。

え、ほとんど普通に使えるやん

給湯器のような生活必需の設備から、浄化槽のような生活に致命的な影響ないものまで。
しかも修繕はだいたい2年以内。
こんなことある?別荘地で築50年ちかいのよ?

パギャル『購入してからどのくらいですか?』
オーナー『2年くらいですかねぇ。菜園をやっていたんですが、すぐそばにもっと大きい土地の物件が出てきたんでそっちに住むことにしたんですよ』
パギャル『え、住んでたんですか?』
カズヒサ『そうなんですよ。直近まで。』

おいおいと。

カズヒサと。

早く言えとそれをと。一番いいセールスポイントじゃねえかと。
とんでもねえ安心感じゃねえかと。直前までご夫婦が普通に住んでたと。すぐ壊れるはずがねえと。とりあえず普通に使えると。

別荘を買う時の重要なポイント。

オーナーが別荘利用していたか、居住利用していたか。

古い別荘地はとくに、別荘利用だと何年も使ってなかったから手放すとかが普通。
それだけ設備は傷んでいることが多い。

その点今回は安心だ( ͡° ͜ʖ ͡°)

今後皆様が別荘購入を検討する際にはこのポイントを重視するといいかも!

そして契約だ!

住みマッスル。ついに別荘オーナーに!!

一部完!ご愛読ありがとうございました!

これにて契約までの道のりは完了です!

これからは、
パギャルスーモタイタイなんにも知らない若者それぞれが、
どんどん劣化していく別荘と戦う修繕記録やDIYの入口なんかを記録していきます( ͡° ͜ʖ ͡°)

我々にとっては単純な別荘利用記録ですが、参考になれば幸いです( ͡° ͜ʖ ͡°)