天然芝の保管方法!頂き物の芝生を1週間保存する

天然芝の保管方法!頂き物の芝生を1週間保存する

ある日、、、

なんと知り合いが芝を買いすぎてしまったらしく、貰ってくれる人を募集していたので早速応募

そう、庭をようやく耕した住みマッスル、次は念願の芝入れである。

イノシシなども出ることもあり、人工芝か、天然か、どちらがいいかわからないので、試してみるという意味でこれは大きい!!

あ、わたし。あれです!スーモです!

スポンサーリンク

一週間芝生を保存する。

かくして手に入れた芝生。

ここで一つ問題がある。芝生はあくまでも別荘用、別荘には毎日いけないので次に行くまで保存をしておく必要があります。

色々と調べて試してみたので紹介します(^ν^)

芝生の置き方

よくあるのは積み重ねておくパティーンですね。

しかしこれはよくないみたいです。

下の芝生には風通しも悪く、圧がかかり、水も浸透しませんね。

というわけで

こんな感じで立てて置きましょう。

水分を補給!

次のポイントは水分です!

とにかく土を乾燥させてはいけません。

立てたまま霧吹きを吹きかける!

浸透して下まで行き届くようですよ(^ν^)

ほんまかと。

芝生は日陰で保存!

最後は日陰で保存です。

直射日光は乾燥を引き起こしますのでダメ、絶対みたいです。

困るのはマンション住まいのスーモみたいな人はどうやって風通しをキープしつつ日陰に入れるか。

そこはアマゾン時代のこの世の中!ダンボールは腐るほどあります!

こんな感じで!どやねん!


油断すると風に飛ばされて日光浴しちゃうので、

ちゃんとオモリをね。

というわけで

①日陰で、

②水分を保ちつつ、

③立てて保存

これが芝生保存の三か条みたいです。

さて、霧吹きをこまめにかけて、一週間保存し、

これを別荘へ搬入します。

いよいよ緑の庭や!!緑大好きや!!